FC2ブログ
2018.12.30 ワイン博 ②
続き

こんどは入り口の方の「泡」コーナーに行く。

最初に飲んだのがコレ
IMG_1446_R.jpg

ブラン・ド・ブラン!つまりシャルドネ100%のシャンパーニュ!
なんといってもあの「サロン」の”妹分”ということでマズイ訳がなく、高価なドンペリとかに手を出さなくてもっと安くて美味しいシャンパンはいっぱいあるってこと。周囲のオバサン連中(ブルゴーニュのコーナーでちょっと仲良くなった。生のシャインマスカットをくれた・・・)にも非常に評価が高かった。

IMG_1447_R.jpg
これも美味しかった。

以下日本のワイン。
IMG_1449_R.jpg
いやー日本のワインもレベルが高くなったわ。

IMG_1450_R.jpg
地元ワインなんだけど、テンプラニーニョってスペインのブドウ品種だったはずで地元で栽培しているんだろうか?
個性のあるワインだった。偶に飲むといいかも。限定で地元でも入手困難だけど。

IMG_1452_R.jpg
これ飲んで、「日本のワインレベル高えー!」と思っていたら、

IMG_1453_R.jpg
そう、これこそが今日一!でした。
これマスカットベリーA使っているんだけど、「なんだコレ?なんでこんなのができるの!?旨いよー!」とオバサン連中に思わず声かけた次第。後でワイン博の主催者(いつか紹介した単身赴任地の酒屋の女主人さん)に聞いたら、さすがにこのワインの問い合わせは多かったらしい。でも当然入手困難らしい。

この後南フランスのロワール系や第三世界、白ワイン、全体で100種のウチ70種くらいは飲んだような。

IMG_1454_R.jpg

IMG_1467_R.jpg

IMG_1456_R.jpg

ボルドーもたくさんあったみたいだけど、もう空になったボトルもあった。この辺も残り少なかった。まあ今年はあくまでもブルゴーニュなんで・・・。
IMG_1458_R.jpg

IMG_1460_R.jpg

マルサネ・ロゼって、そんなん出してたのね。
IMG_1462_R.jpg

白ワインの数々・・・
IMG_1463_R.jpg

バカ舌なんでこの時点で高値(グラン・クリュ)のシャブリとモンラッシュの違いがよくわからん。
IMG_1464_R.jpg

もう70種類前後のワインをたった2時間足らずで飲んだら訳が分からなくなる。だいぶ酔った。

この後、有料ワインコーナーに行ったら以下のもの。
IMG_1470_R.jpg
ボルドーの一級のかの「ムートン」!

IMG_1471_R.jpg
ボルドーの一級に比肩するほどのカリフォルニアの雄「オーパス・ワン」
(ナパバレー産だと例の山火事で今後希少価値で値が上がるのでは・・・)


IMG_1469_R.jpg
日本のワインで感動した「鳥居平」の41年熟成!

この中で何を飲もうか?と思案していたら、どこかでお会いしたことのあるようなちょっと知的な夫婦に声かけられて、「ムートン」と「オーパス・ワン」はあまりにも開けるのが早すぎて本領発揮にはほど遠いちょっとかわいそう、オーパス・ワンは特にセラーにも行って飲んだことあるけど評価は過大評価になっている、みたいなことを言われて、確かに去年の「オーブリオン」も今ひとつだったなあということで、ある意味ボルドーやオーパス・ワンよりも希少な「鳥居平」を選択。
年代を感じる重厚な味わいで個性的で十分美味しい。30年経ったボルドーの高級ワインみたいな格がある。日本にもこんなのあるんだ。
日本人ってウイスキーもそうだけど、外国から入ったものをオリジナルより高いステージに上ゲていくこの習性ってなんなんだろうと思いました。
けれども個人的には2004年の方が勢いというか、インパクトがあって美味しいと思いました。
ちょっとシェアしながら非双子さん含めて夫婦とお話をいたしましたが、お会いしたことがあるというのが何度かSP盤試聴会に聴きにこられていたといことで面識があったみたい。大学の先生のような知的な雰囲気の理由が某大手新聞社の記者さんだということで了解。ワインと同様に音楽やオーディオにも興味があるとのことで、坊さんの私利私欲部屋にいつかご夫婦案内して旨い酒飲んでもいいのかなあと思いました。

長くなったので終わり。



今年はこれで打ち止めです。よいお年を!





31日に書いていたんだけど、上げるの失念していました。あしからず。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/450-f7ea340f