FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2019.03.15 眼!
先日、夜単身先に戻る運転中にどうも視界が変なことに気が付いた。
遠目に見る横断歩道が二重に見えて、最初は横断歩道そのものが二つあるのか?と思ってクルマを進めると、ある距離からピントが合うように二つの横断歩道が一つになっていくという・・・。
こりゃパソコン画面の見過ぎかまたはマンガの読みすぎか?
視力検査のように交互に左右の眼で横断歩道を視てみたら、右目は全く問題がなかったけれど、左目はボケまくりで道路標示の文字の判別もできない状態。
思わずひとりクルマの中で「あれー?」「こりゃ、やべー!」と叫んでしまった。

もしかして睡眠不足が原因で朝まで寝たら眼も復活するかもと不安9割、淡い期待1割で臨んだにもかかわらず、朝の明るい光の中で視てみても前夜の症状と同じ、左目の視界がボケボケだった。

眼科に行くのは怖い。
と言いますのも、ここ数年、健康診断の眼圧検査で何度か異常がみつかりそのたんびに眼科に行き検査を受け、医者に「このままいくと・・・」的に脅されてきた経緯があるためであった。
まあ眼圧異常で想定される疾患はいわゆる「緑内障」なんだけど、これって下手すると(つまり放置すると)失明するらしい。
怖い怖い!
そういう事情で行くのが怖かった眼科医院なんだけれど症状を自覚して約三週間後に一念発起して職場に半休をもらい診てもらった。

結論的に言うと、私の左目のボケボケの原因は、







「白内障」

であった。

ん?これって紫外線に長期に当たる等の原因で一般的に「年寄り」がなる疾患じゃなかったのか?
眼の瞳が白くなって視力が落ちていくヤツ?
そういえば死んだトム子も外で飼っていたせいか死ぬ何年前からかそういう症状があったっけ。
確か去年の健康診断では視力はさほど悪くはなかった(といっても0.7とか0.8ぐらい。この年でまだ眼鏡を必要とせずに日常生活が送れている!)はずで、この数か月で急激に視力が落ちた、すなわち白内障が進行したことになる。
思い当たることが一つあった。
去年のサッカー代表選をテレビ観戦していたのちに目にゴミ(たぶんマツゲと思う)が入り猛烈に痛くなったことがあった。
結局翌日に地元の眼科医院に駆け込み眼の奥(眼球の裏っぽい)にあったマツゲをとってもらった。
その時にお医者さんが目の水晶体にすこし欠けがみられる、時間がたてば自然に修復していくと思うが処方する目薬を定期的に行うように・・・的な説明があったことを思い出した。

どちらにしても白内障は手術を行わないと完治しないらしい(その手術も目の水晶体に小型のレンズを入れる?等、想像するだけで肛門が締め付けられる怖さ・・・)

生まれてこの方手術というものを経験したことがない(犬に噛まれて何針か縫ったことはあるが)自分にとっては大変な試練。
正直、あーあーという気分です


img20160527162005069628_20190315010506a18.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/453-d8c04828
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。