FC2ブログ
二日目。
二日目は行き先が決まっていた。
娘がどうしても秋葉原に行きたいということで、9時過ぎにホテルをチェックアウトして電車で秋葉原に向かう。
秋葉原に着くと、連れ合いは今回は娘と行動を共にするということで、今回の旅行で初めて単独行動になる。
昼食の時間、飛行機の時間を計算して約3時間のフリーな時間。
さて何しよっか?

IMG_1909_R.jpg

さすがにメイドカフェに行くほどの勇気は無い。
おいしーくなーれ!おいしくなーれ!って一度目の前でやってほしいが、一人だと恥ずかしい。
こういうアキバならではのラーメン屋もすでに行列ができていた。

IMG_1907_R.jpg

ということで、せっかくのアキバなので、オーディオ店に行ってみることにする。
一応、30年以上のオーディオ趣味者ってことになっているし。
(まー、某店主からは買わないで呑むためのオーディオ趣味っていわれるけど・・・、”呑むオーディオ”ってのは,このブログを見ている貴方にもたぶん当てはまるのでは・・・)
秋葉原のオーディオ店といえば思いつくのは「〇〇〇ミックオーディオ」だよな-ということで、以前行ったこともあり、うろ覚えで探す。
最初に行ったのは中古専門店のほう。
まあー値段はそれなりに高い。東京ならこんなもんでしょう。
一階、二階、三階と上がっていったけれど、3階はなかなか置いてある機器のセンスがよく、ちょっと親しい感じ。自分が持っている機器が何個かあったし。音もそこそこ。
店主とは一切話をしなかったけれど。

次に向かいの本社?のほう。
一階はアクセサリー等を多く販売しており、見るのは楽しい。ここで欲しかったレコードクリーナーをゲット。
奥に試聴コーナーがあったけれど、けっこう人が多く混みあっていた。
ただしこの一回は総額50マンから100マンのオーディオという感じ。

二階に上がる。
二階は一階と違い落ち着いた感じで、ちょっと高級感が出てくる。ここは200マン前後のオーディオかな。
まあ、ここはいいや。

次は三階。
ここになるとちょっとプライベートな空間という感じでちょっと人を寄せ付けない雰囲気になる。
ここはたぶん500マンから1000マンのオーディオという感じ。
ここも、うーん、微妙な感じ。

次は四階。
ここになると、部屋に入ること自体に勇気が必要になる。
高級なハイエンド機器の値段だけみると、一階とは別世界と思う。
でもクラシック主体の音楽を流していたけれど、心が揺さぶられる、といようなことはなかった。
高級だけれどこじんまりしている感じ。
ここはたぶん1000マンから2000マンというイメージかな。

と、ここまで書いてきて、そうか、ここはオーディオの「死亡遊戯」の塔のような構造なのだと理解した。
来訪者の情熱と財布の大きさによって勝負に勝つか負けるか・・・。

さて、こういう構造が分かったうえでワタシは五階まであがるべきか?
しょせん田舎もんのオーディオ好きだし、今さらコワいもんとかないだろうということで重いドアを開ける。

おお!ここにきてはじめて大音量で鳴らしていた。それもマイケル・ジャクソン!
さすがに迫力がある。 なかなか楽しい音ではある。
大音量で鳴らしておいた理由が、どうも医者か会社の社長か、中年夫婦の客がいたためであった。
背後で、こっそり聴いたけれど、たしかに音はいい。ハイエンドでスキのない音。マイケ・ジャクソンに限らずたぶんどんなソフトを聴いても素晴らしく聴かせるポテンシャルは感じた。
でも、今さらこんな音聴いても驚かない自分がいたのも事実。
たぶんこのシステム(最近ステサン見ないので、どういう機種かわからない。)でもこのシステムの総額がかるーく4000マンは超えるだろうということはなんとなくわかった。
確かに高性能だけれど、あまり面白いオーディオとは言えないような気がした。
これなら一階の貧乏たらしいシステムで工夫をこらして上位を食うオーディオのほうが3倍くらい楽しそう。

こんなの聴くと、オーディオってなんだろうと思う。
一階の試聴コーナーでも5階の超ハイエンドでも試聴用のソフトはブルーノートの1500番台を普通に置いていたりして、聴くソフトは同じなのに明確にクラス分け、差別化、階層化、ピラミッド化して聴く側のサイフしだいでオーディオの規模が決まるという、ちょっとあからさまな差別化に考えさせられた。
ハイエンドで金持ちがどんどん消費してくれた結果、それらの機器が評価されて、下の方に落ちてきて、一般ピープルにも手が届くようになる、という、ハイエンドに手を出すのはある意味人身御供な面もあることは十分承知しているけれど、こと音楽を楽しむのなら、レコードソフトはオリジナル盤にして、入口と出口だけは素性のいい高品質のものにすれば、そんなにおカネはかからないように思うんだけれど。
「〇〇〇ミックオーディオ」を出た。

せっかく秋葉原まで来たのなら、真空管でも探してみようということで、クラコンを探す。

IMG_1905_R.jpg
「あれっ無い!」
今や、秋葉原といえども真空管を扱う店は4軒しかないらしい。クラコンはその中でも数少ない店なんだけれど、日曜は休みのようだった。残念。

この後連れ合い、下娘と合流。

昼飯は下娘が探して、「ここが良さそう」という銀座ライオンに決定。
知らなかったのだけれど、銀座ライオンってビヤホールの先駆け的存在なんだそう。
で、ここはサッポロ系なので、
当然に、

IMG_1915_R.jpg
エビスの琥珀!
うー疲れが取れる!

下娘はここの名物。
ローストビーフ!

IMG_1920_R.jpg

ワタシはがっつり行きたくて、
IMG_1923_R.jpg
カツカレー!
(それにしてもカレーとビールって合わないよなぁ)


その後、成田へ。

IMG_1926_R.jpg


機内食でこんなの出た。

IMG_1933_R.jpg


あー、やっと終わった。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/458-6b9aaf1b