上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.30 愛聴盤2
CIMG0567.jpg

ジューン・クリスティである。クリスティと言えば「サムシング・クール」という女性ジャズヴォーカルの大名盤があるが、なぜか取り出して聴くのはこちらのほうが圧倒的に多い。このレコード、ジャケットデザインは地味だし一見ハズレっぽい佇まいがあるが、どうしてどうして内容は巣晴らしし好ましい。
一言で言うとヴォーカリストとしてのクリスティの実力、凄さがよくわかるレコードと思う。白人美人歌手でありながら楽器的に歌えるクリスティの魅力を十分味わえる。こういうのを聴くとヴォーカルは声そのものの魅力と上手さなんだとつくづく思う。
推奨曲はB面の一曲目かな。クリスティの声がウーファーから聴こえる。
そういえばこのレコード、いつぞやヤフオクに出てて最初安かったので5.6千円も出せば落とせるかと楽観的に見てたら最終落札価格は2万前後だったような記憶がある。下手すると「サムシング・・」より高いのではと目を疑ったが、ジャケットは地味だけど知る人ぞ知るという感じでこういう名盤集には出てこない口コミだけで評価の高いレコードってのが存在するってのがなんか面白く感じた。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/51-50d8cd3e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。