CIMG0887.jpg

ebapon氏のブログでモノラル試聴会で「サキコロ問題」を勝手に振られたので考えてみる。
まず最初に今回問題になっている「サキコロ問題」について概略について書いておく。

「サキコロ問題」とは・・・詳しくは当ブログの2月1日の拙文、「ああサキコロ、サキコロ、サキコロ」を見ていただければわかりやすいかと。そこでは、今読んでも恥ずかしいが、ebapon氏が大枚200ドルをはたいて手に入れたソニー・ロリンズのジャズ史上の大名盤である「サキソフォン・コロッサス」のセカンドプレス盤がいかに他の国内盤と音質が違っていて素晴らしかったかが語られている。で今回、問題になっているのはその素晴らしかったセカンドプレス盤が今回のモノラル試聴会で前回と同じように国内盤と比較試聴してみたら予想外に国内盤とほとんどあまり変わらない音質で聴こえてしまったこと。(ebapon氏と私は「え、なんで?」唖然とした。)そのとき聴いたシステムはプリはC22でパワーは845シングル、SPはアルテックであった。

モノラル試聴だったということでSPが1個だったことが原因なのか?SP自体が原因なのか?アンプか?

個人的に導き出しているその原因としては、部屋とSPの問題と考えている。
前回聴いたO邸はフツウのオーディオルームよりかなり広いとはいえ20畳前後、今回聴いた寺の本堂は7,80畳(100畳?)はある空間。なんといっても天井高が3倍くらい違う。
一方は狭い部屋(20畳は決して狭くはないんだが寺の本堂と比較すると・・誤解なきようw)にSPはステレオでハイクオリティで強力なマルチアンプ駆動、片や天井高7m以上の80畳の空間でSPは一個でアンプは三極管シングルってことで、セカンドプレスの情報量の多さをO邸では壁が近かったため音が飽和しクリップして聴こえ、寺では音は飽和せず残響が情報量を補ったのではないかと思う。
SPも3ウェイのJBLと2ウェイのアルテックでは情報量の表現範囲も違うだろうし、2インチスロートか1.5インチかってこともあるか。
それ以前にアルテックというSPがそういうオーディオ的な勝手な解釈に無頓着ってのはあるかな。(けっこうこれが一番の原因のようなwww)

まーいづれウチで一度比較試聴してみるのもいいかも。JBLもアルテックもあるしw。
こんど「サキコロ」貸してくれー!

Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/62-09b1cb16