夏休み最初の三連休だというのに、中には「お父さん最初の休み、どっか連れて行って!」と子供にせがまれた?こともあったかもしれないのに不良中年が数名集まり平均年齢ウン十歳の一泊泊まりキャンプが強行された。
今回のキャンプの目的は涼しいところでバーベキュしつつ近隣のオーディオに関わるところを訪問してついでに温泉にも入り、またおいしい酒を飲みおいしい食い物も食べるという、まー贅沢なものでございますな。

朝10時に集まり各人役割分担で肉や野菜の買い出しした後、腹ごしらえとして最初に行ったのが地元で最近できたラーメン屋「○一商店」(いきなりラーメン屋から始まるのだ!)。
極太自家製麺の野菜てんこ盛りのラーメン、つけ麺を売りにしている店で、店に入るなり他の客が食べている半端ではないラーメンの量を見て最初大盛りにしようかと考えていた考えを直ぐに改めフツウ盛りにしました(このワタシが!)
で、出てきたのは丼からはみ出さんばかりの野菜(なぜかキャベツともやし)に覆われた一見ラーメンとは言いがたいモノ。これチャンポンじゃね?と思いつつも食べ始めたら、やっぱりラーメンでありました。スープは魚介系をベースにトンコツの背脂を最後に入れて濃厚さを演出(昔食べた尾道系に近いような)、自家製だという極太ちじれ麺にからませる、チャーシューはなぜか円筒形で裂けるチーズみたいに身がほぐれるという変わったものでした。食べたみんなの意見としては「いわゆるフツウのとんこつラーメンなんかとジャンルは違うけれどもこれははこれでありじゃね?もう一度来てみてもいいかも」と、ラーメンには一家言を持つ口うるさい連中にもかかわらず割と高評価でございました。そのうち家族を連れてまた行きましょ。今度は「つけ麺」に挑戦!

目的地まで約2時間のドライブ、途中で酒や飲み物を買い込みながらこのワタシが運転致しましたが・・・・いつものように同乗者はもうすでにエビス何本目かに突入しておりました。ハイ。

やっと着いた場所。そこは南ASOの某巨大コンサート会場にほど近い、某有名会社の元社長さんIさんの別荘地。敷地面積は千坪以上(ゴルフのアプローチの練習がネット不要でできそうな広さ!)
敷地内を外輪山からの清流が流れ周りを森に囲まれ夏なのに一定の涼しい風の流れを感じることができるという夏のキャンプの場所としては最高の場所でございました。
オーナーのIさんも非常に気さくな方で安心いたしました。(例のモノラル試聴会でお会いしていますが・・)
清流に手をつけてみると思った以上に冷たくて、思わず顔を洗ってしまいました。ビールはここに入れていれば天然の冷蔵庫になるよという言葉に納得、正面にASO五岳を望み、木陰でぼんやりせせらぎと鳥の声をききながら過ごせる、いやーホントに良い場所です。
・・・・・とりあえずここまで。後まだ続きます。


PICT0014.jpg

PICT0005.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/70-25bd1997