上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仲間の一人がヤフオクでJBLのSPを落札したのを機に、出品者が香川ということもあり、SPを取りに行く手伝いをする名目で仲間4人で急遽さぬきうどんツアーが組まれた。朝5時半出発で日帰りの強行スケジュール。
せっかくの機会だから、うどん店を何件も回りたい、できるなら有名店に行きたいと事前に調べて臨んだが、香川のうどん文化の一端に少し触れることができた。
ただ巨漢で大食漢の自分でも実際そんなに何カ所も回って食べられるものではなくて途中で戦意喪失したのは事実、残念。
それにしても炎天下にもかかわらず行列してまで食べるさぬきうどん、15分並んで食べたのは中盛りの180円、揚げ竹輪をトッピングして250円って・・あまりにも安すぎる。
店内(といっても普通の民家の倉庫)はほとんど製麺所の倉庫って状況、机はあるが狭い。入って直ぐに鎮座する強火力(たぶん薪炊き)で沸騰状態のかまどにひっきりなしに職人がうどんを放り込んでいた。
丼に麺を乗せてトッピングした状態で代金を払い、めんつゆも薬味も客が勝手にかけてという完全なセルフ店であったが、当然店内は混雑しているので外で頂く。
たしかに麺にさぬき独特の「こし」がありうまい。この場合めんつゆの味付けはどうでもよくてうどん麺そのものの味という感じ。
一方で大分人の悪い癖なのか、確かにうまいのだが、炎天下に並んでまで食べた割にはなにか説明できない物足りなさを感じたのも事実。
これなら値段を倍にするなり、店を大きしてちゃんと店内に食卓を確保するなり(駐車場は近所の空き地がすべて専用駐車場になっていた50台は置けそう、土地は十分ある)何か手をいれりゃいいのにとは思ったが、虚飾を廃し「かけうどん」で150円前後で食べられるのがさぬきうどんの食文化たるものなんだろうとも思った。そういう意味では博多や久留米のラーメンに通じる食文化なんだろう。家族4人で行って千円でお腹いっぱいになれる食文化があるのは正直大変羨ましい。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/9-5824dbaf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。