上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
諸般の事情により急きょクルマを買い替えることになった。
諸般の事情というのを少し詳しく説明すると、自分には88歳になる父親がいるのだが、この父親ってのがなぜか妙に元気で88歳にしていまだクルマの運転していた。
さすがに80を過ぎて明らかに耳が遠くなり、昨今の高齢者によるアクセル・ブレーキ踏み間違い事故や高速の逆走運転等のニュースを見るにつけ、いつかとんでもない事故を起こすのでは?と予てより周囲に不安を感じさせていた。
しかし「自分はそういうヘマな運転はしない!自分は事故はおこさない!クルマがないと便利が悪い!」の老人特有の頑固一点張りでなかなか忠告に応じなかった。
周囲の再三の説得の結果、88歳の米寿を迎えてやっと免許を返上する気になった。
免許を返上するということは今父親が乗っている車(フィット)が宙に浮く。
当初は上娘の「そ」に譲ろうかという話もあったけれど、「ワタシ、いらない!欲しいクルマは自分で買う!」のひとこと。
仕方ないのでワタシが通勤用に2代目で持とうかと検討したけれど、なんと今乗っているエリー号と車検年月が同じ月!
まあ2台も同時に車検に出す経済的ゆとりもないわなぁということで2台目所有案も却下!
じゃ、そのままどこかで買い取りしてもらう?という話になりかけていたけれど、上娘の「そ」から、「エリー号も今年11年目だし、まだ下取りがきくあいだに2台とも売って10年ぐらい乗れる新しいクルマを買ったほうがいいんじゃない?」との提案。
確かに今年の6月にかろうじてエリー号の車検を受けて、2年後に次の車を入手するとい当初の漠然とした計画であったが、2年後にはさすがに下取りはできずにエリー号は即廃車になるんだろうなとは予想していた。
その場合、下取りもない状態で次のクルマを入手するよりも今回2台を下取りに出したほうが明らかに購入価格を圧縮できそう!(父親もフィットの下取り分を新規クルマの購入にあてることに賛同している!)
こりゃあ新しいクルマを入手するしかない!
一気に夢が広がる!

で、とりあえずエリー号よさらば!です。

IMG_5583_R.jpg

メーターを見ると走行は約12万8千キロ!
IMG_5579_R.jpg


まあこのクルマは6年落ちの中古での入手で、入手したときの走行距離は確か5万数千キロだったので、この5年間で約7万キロ乗ったことになるのか!
このクルマには今まで延べで何人乗せたんだろう?
亡くなったO塚さんとEMTのプレーヤを何度か運んだのも今となっては懐かしい思い出。

IMG_5613_R.jpg

明日手放すので本日は「お世話になりました!」ってことで最後のワックス洗車&室内洗浄!
で、ピッカピカ!
でもこんなに程度がいいのに買取は二束三文なんだよなぁ。




IMG_5622_R.jpg

16歳になる顔に白髪の増えたトム子もちょっと感傷的?





終わり
まあ、どうでもいい話なんだけど。



先日auに行ったら(先月、下娘の携帯を機種変したんだけど割引のためどうでもいいアプリに加入し、それを解除するため・・・この業界こういう商法が多いんだよねえ)、機種変更した場合の試算だけでもしませんか?と言われた。
まあ、特に今使っているスマホに不満は無いし、変える必要性も気もなかったんだけど、試算だけならタダだし「お願いします」と応じたら、なんと私の今使ってるiPHONの「5S」から最新の「7」に変えるのは毎月180円増だけで済むといわれてしまった。
最新のiPHONセブンといえば防水機種というだけでなくメモリも5Sの16Gから32Gだし、ボディもちょっと大きくなり画面も見やすいし、毎月ペットボトル1本分程度の負担増で新機種なら申し分のない条件。
それにしてもどういうカラクリなんだろうと内容を聞いたら、今使っている5Sは下取りで1万5千円らしい。
ちょうど2年が経過し機種の払いは終わったということもあるらしい。その他は溜まっているポイントを使えばそういうことになるらしい。
ただし半年後に同様の手続きをしても下取りが安くなるのでこういう条件にはならないと言われ、そういう風に言われたら突っ走るしかないでしょう。


IMG_5573_R.jpg





機種変するにあたり、一番心配していたのがコレ!






IMG_5575_R.jpg


前機種で到達したレベルで移行できるのか?不安でありましたが、確かに「レベル24」になっております。
なんせここまで来るための苦労ときたら・・・・・。

いきなり再開の2号ですけど、ブログ休眠状態のあいだにもいろんなことがありまして、それらを少しずつ開陳していきます。
まずは、オーディオネタから。

実は諸般の事情により一昨年アナログプレーヤーを入手いたしまして、というかすでにオマエはプレーヤは数台もっているだろう(ちなみにトーレンス2台、クラフト1台の3台ある)、いったいどこに置くつもりなのか?という自分でも突っ込みたくなる状況の中で、とりあえずは入手だけは先に決定していたという事情。
スペースがないので自室にはセッティングできなくて、仕方なく亡くなったO塚大尉のところに長期保管していただいておりました。が、ご存じのとおり悲しい急逝で、主人不在の状態で引き続き長期の保管というわけにもいかず、仕方なく去年の夏に引き取りに行きました。

ちなみにコレです!



IMG_5241_R_R.jpg


EMT930!

察しのいい方はおわかりのことと思いますが、要するにSP盤試聴会のプレーヤを確保するためになかば義務感で入手したというか、前持ち主のU先生から安く譲っていただいたような形かな。
ちなみにU先生メインプレーヤは930の親分であるEMT927であり、930もそれまで2台所有していて使うのは予備用に1台あればいいだろうということで、SP盤試聴会のたびに重いプレーヤを運ばざるをえない苦しい事情を配慮していただいての入手になったしだい。

まあスタジオユースのプロ用アナログプレーヤとして指折りの伝説的名機であることには間違いないし、ハンマートーンの本体の美しさ、対照的な930-900サスペンションのメカメカしさ等、独特なカッコよさのあるプレーヤであり、持っていても不満がないモノではあります。(930-900はあとで入手)
実際、このプレーヤで初めて自分のシステムで音出ししたときは今までに聞こえなかった情報量の多さを感じたし、スタイルのカッコよさから所有欲を満足させる一品であると思います。


でも、でもですねえ、実はこれがいろいろ課題がありまして・・・。


うーん、それは次回にあげます。
2017.01.29 再開します!
えー、本ブログも諸般の事情により約7か月ほど休眠しておりましたが、今月から再開したいと思います。

あまりにも休眠期間が長すぎためネタ文章を考える余裕がまったくないのでたぶん滅茶苦茶な文体になりそうですが、そこは勘弁を!温かい目で見守ってください。
というかはたして、読んでくれる人いるのだろうか?
まあ訪れるのが自分だけでも日記代わりに少しずつ書いていくつもりです。


それにしてもブログ記事を作成するにあたってのいろいろな作業はすっかり忘れております。
なんといっても最初PW忘れてログインできなかったもんなー。先が思いやられる。


IMG_5190 (1)_R_R

非常に残念なお知らせです。

オーディオ仲間であり、ジャズ仲間であり、酒飲み友達であったO塚さんが5月24日に永眠されました。

謹んでお悔やみ申し上ます。

町内会メンバーはほぼ全員に周知されておりますが、県外のオーディオ仲間はまだご存じない方もいるかもしれませんのでここで改めてお知らせしておきます。




119_R.jpg


あまりに急なことで、こんなにショックなことはありません。


亡くなる三日前もいつものようにお寺でいっしょに酒呑んでいたし、5月だけでも3回、4月も確か2回は一緒に呑んでいたように思います。


個人的にも、町内会的にも相当にダメージが大きいです。



まだ心にぽっかり穴が開いた状態です。





一番頼りになるオーディオ仲間、ジャズ仲間を失いました。





今までいっしょにいろんな音を聴いて、いろんなお酒を呑んで、いろんな場所、に遊びに行って、本当に楽しい時間を共有できたと思います。



現時点で言えることは、



大塚さん、今まで本当にありがとうございました。


合掌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。